オリーブオイル

オリーブオイルのカロリーは、太る原因にならないので、気にしなくてOK!という話。

オリーブオイルのカロリーは気にしなくてOK

「オリーブオイルは、ポリフェノールが豊富で体に良いけど、カロリーが高いから、食べる量は控えめに!」なんてことをよく聴きます。

グリーンマン
グリーンマン
確かにオリーブオイルは、高カロリーらしいな。

しかし、カロリーが高いからオリーブオイルを食べないなんて、もったいない!

オリーブオイルは、太るどころか、逆にダイエット効果も期待できる食材です。

食用油として使って良し、料理の仕上げの調味料として、ひと掛けして使って良しの万能食材です。

この記事では、

オリーブオイルのカロリーは、太る原因にならないので気にしなくてOK!

と言うことを紹介したいと思います。

ポイントは、「糖質ゼロ」なところです。

では、参りましょう。オリーブオイルのカロリーは、気にしなくてOK!

太るどころか、ダイエット効果も期待できる神食材だった!

オリーブオイルのカロリーは、太る原因にならないので、気にしなくてOK!

オリーブオイルのカロリーは、太る原因にならないので、気にしなくてOK

オリーブオイルのカロリーは、100gあたり

・エネルギー:921kcal
・脂質:100g
(出典:日本食品標準成分表)

です。

しかし、オリーブオイルの糖質(炭水化物)は? と言うと、

・炭水化物:0g

です。

炭水化物≒糖質なので、つまり、糖質ゼロです。

カロリーの摂り過ぎが、肥満の原因と勘違いしている人がまだまだ多いですが、人間が太る原因は、カロリーの摂り過ぎではありません。

糖質の摂り過ぎが、肥満の原因なのです。

医学博士であり、糖尿病専門医である牧田善二さんの著書「医者が教える食事術」(ダイヤモンド社)では、次のように表現しています。

毎日ウイスキーをボトル半分飲んでしまうのにやせている人が、あなたの周囲にもいるでしょう。ボトル半分でゆうに800キロカロリーはとってしまうのに太らないのは、ウイスキーには糖質がほとんど含まれていないからです。一方、ジャガイモを食べながらビールをガブガブ飲むドイツ人が太っているのは、ジャガイモにもビールにも糖質が多いからです。つまり、ダイエットにカロリーを持ち出すのは非常にナンセンスなのです。

グリーンマン
グリーンマン
確かに、アルコールが好きな人でも、太っている人と痩せている人がいるな。この違いは、飲むアルコールの種類と、一緒に食べるつまみの種類が原因だったのか。

お酒の種類によっても、太りやすいお酒と太りにくいお酒があるんですね。

ちなみに、糖質ゼロの太らないお酒は、ウイスキーの他にも焼酎があります。

その他では、ワインも糖質が含まれていますが、ビールよりはずっと糖質が少なく、太りにくいお酒と言えそうです。日本酒は、糖質が多いですね。ビールと日本酒は、特に太りやすいお酒なようです。

詳しい数値は、日本食品標準成分表(文部科学省)で確認できます。

しかしながら、上記のサイトは、少し使い辛いので、下記の「食品成分データベース」というサイトが使い易いです。

調べたいキーワードを入力するだけで、様々な食品成分を調べられます。

気になる方は、チェックしてみて下さい。

「炭水化物≒糖質」で、「エネルギー=カロリー」です。

 

少し脱線してしまいましたが、話をオリーブオイルに戻します。

つまり、オリーブオイルのカロリーは、確かに高いですが、太る原因にはなりません。

むしろ、オリーブオイルは、糖質ゼロなので、太りにくい食材なのです。

オリーブオイルがダイエットに最適な食材と言うことがお分かり頂けましたでしょうか?

オリーブオイルは、糖質ゼロなので、太りにくい食材である。
カロリーの高さは、太る原因にはならない。
ダイエットするなら、糖質をカットすると、とても効果的。

 

(1)太る原因は、糖質の摂り過ぎ

肥満の主な原因は、現在では、

糖質の摂り過ぎによるもの

という説が有力です。

理由は、とても簡単。

糖質を多く摂ると、血液内の糖質の割合、つまり血糖値が上昇します。

一定値以上の血糖値まで達すると、余分な糖質は、脂肪という形で体内に貯蓄されます。

何千万年も昔、私たち人間のご先祖様が、食料が取れなくても死ぬ確率を減らすために進化した生存率を上げるシステムですね。

原始時代は、炭水化物、つまり糖質は、とても貴重なエネルギー源だったので、豊富に摂れるタンパク質よりも優先して摂取したい食料だったようです。

しかし、現代社会では、このシステムは役に立ちません。多くの食料を簡単に手に入れられるので、脂肪ばかり増えていきます。

結果、肥満や糖尿病といった形で、私たちの体をむしばみます。

 

(2)カロリーや脂質を摂っても太る原因にはならない

逆に、カロリーや脂質は肥満の原因になりません。

カロリーの話は、先ほどお話したウイスキーの話の通りです。

高カロリーのウイスキーを毎日、ボトル半分飲んでも、太らない人がいるのは、カロリーと肥満は関係が無いためです。

そして脂質はと言うと、口から胃の中へ入ると、消化、吸収され、余分な脂質は、吸収されずに便となって体外へ出て行きます。

余分な糖質は脂肪となって吸収されますが、余分な資質は吸収されません。

ひと昔前に、親から教えられたことは、豚肉や牛肉は、油が多いから食べ過ぎると太る、と言われ、逆に白いお米は太らないので、たくさん食べなさい、と言われて育ちましたが、全く逆でした。

現代の常識では、

肉の脂身などの脂質は摂っても太らないけど、
お米などの炭水化物(糖質)を摂ると太る

これが現代の常識です。

太りたくない人は、毎日の白米の量を、少し減らすだけでも効果があると思います。

実際、我が家でも、ごはんの茶碗をひと回り小さくしただけで、自然とご飯の量が減り、体重も約10キロ減りました。

無理せず痩せられるので、ごはんのお茶碗を小さくするのは、とってもおすすめです。是非試してみて下さい。

 

おすすめのオリーブオイル

おすすめのオリーブオイル

体に良いオリーブオイルですが、残念ながら当たりハズレが大きい食材としても有名です。

安いオリーブオイルを買うと、高い確率で残念な結果になりますが、高価なオリーブオイルでも、美味しくないオリーブオイルは数多くあります。

せっかく高いお金を払うのですから、買うなら美味しいオリーブオイルを選びたいところです。

ここでは、我が家で実際に食べてみて、これは美味しい! と思ったオリーブオイルを紹介します。

我が家では、基本的には、エキストラバージンオリーブオイルを使うようにしています。

 

(1)キヨエのオリーブオイル(オリーブ100%オイル<キヨエ>)

キヨエ_EXVオリーブオイル

数少ない日本のオリーブオイルメーカーのひとつです。

値段はヨーロッパの一流オリーブオイルと同等で、正直とても高価ですが、買って損は無いオリーブオイルです。

クセが無く、とても上品な味わいのオリーブオイルなので、まだオリーブオイルの青臭さに慣れていない方でも、美味しく食べられます。

\ おすすめです /

オリーブジュース100%オイル【キヨエ】

詳しい情報が知りたい方は、こちらの記事が参考になると思います。

キヨエのオリーブオイル
キヨエオリーブオイルの口コミ【味の評判は文句なし!】キヨエオリーブオイルの口コミと評判について紹介します。また、我が家で実際にキヨエを使ってみた感想なども併せて紹介します。...

(2)コブラムエステート

コブラムエステート

こちらはオーストラリアのオリーブオイルです。

味も一流ですが、コスパで考えると最強のオリーブオイルだと思います。(我が家では、何度もリピートしています)

\ コスパ最強です! /

コブラムエステートの詳しい内容は、こちらの記事が参考になると思います。

コスパ最強_コブラムエステート
コブラムエステートエクストラバージンオリーブオイル【コスパ最強】コスパ最強のコブラムエステートエクストラバージンオリーブオイルを紹介します。コブラムエステートは、オーガニックの国、オーストラリアで作られたブランドです。オリーブオイルと言えば、本場はヨーロッパですが、実は日本で買う分には、オーストラリア産のコスパが良くてオススメなんです。...

(3)メルガレホ

メルガレホ

こちらは、オリーブオイル生産量世界一のスペイン産のオリーブオイル「メルガレホ」です。

味も文句なしに美味しいですが、特に「フルーティな甘さ」が特徴のオリーブオイルです。

世界のオリーブオイルコンテストで、数多くの賞を受賞している、超一流のオリーブオイルです。もちろん、日本で開催される「オリーブジャパン」でも毎年受賞しています。2020年度は、最高の「最優秀賞」を受賞しています。

\ 世界の名だたる賞を受賞 /

値段も超一流の値段ですが、一度は食べて欲しいオリーブオイルです。

メルガレホ
本物のオリーブオイル|メルガレホは超おすすめ。実際に使ってみた感想とか。今回は、コレは本当に美味しいEXVオリーブオイルだなぁ、と思ったメルガレホのEXVオリーブオイルについて書きたいと思います。本記事を読むと、EXVオリーブオイル「メルガレホ」の良いところ、悪いところが結構詳しく分かるようになると思います。世間の口コミと、我が家で実際に使ってみた感想などを合わせて紹介します。...

まとめ|オリーブオイルのカロリーは、太る原因にならない

まとめ_グリーンマン

オリーブオイルのカロリーは、太る原因にはならないことを紹介しました。

近年は、健康系のテレビ番組や雑誌などでも、「カロリーは太る原因とは無関係」なことを紹介することが多くなりましたが、まだまだ「カロリーは太る神話」を信じている人が多いようです。

太る原因は、糖質(炭水化物)の摂り過ぎ! と言うのを、この記事で覚えて頂ければと思います。

ちなみに、本記事の参考にした書籍「医者が教える食事術」(牧田善二著、ダイヤモンド社)は、読んで損のない名著です。

カロリーは、太る原因にはならないことや、糖質の摂り過ぎがいかに悪いことなのか、そして、血糖値の急激な上昇がどれだけあなたの体をむしばんでしまうか、などを、分かりやすく紹介しています。

低所得層が、なぜ糖尿病に掛かりやすいか? などにも触れています。

あなたの体は、お金では変えない、世の中にたった一つしかない大切なものです。

この機会に、是非食事を見直してみてはいかがでしょうか。

オリーブオイルがダイエットに適していることを詳しく解説する記事も参考にしてみて下さい↓

オリーブオイルでダイエット
オリーブオイルダイエットで1日に摂取する量は?|1日37gが目安。EXVオリーブオイルで痩せるらしい!オリーブオイルダイエットの量について紹介します。オリーブオイルをパンやパスタなどにかけて食べると、オリーブオイルをかけない時に比べて血糖値の上昇を抑えることができるようです。1日に37gを摂取するとダイエット効果があるようなので、その文献も紹介したいと思います。オリーブオイルはダイエット効果が高そうなので、積極的に取り入れたい食材です。...

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。