オリーブオイル

コスパ最強のEXVオリーブオイル|コブラムエステート

コスパ最強_コブラムエステート

本物のエキストラバージンオリーブオイル(EXVオリーブオイル)をお値打ちな値段で買えるという噂を聞きつけましたよ。

グリーンマン
グリーンマン
本物のEXVオリーブオイルは、250mlで普通に3,000円とか4,000円とかするからな。

EXVオリーブオイルは、健康効果が高くて希少なので、3,000円くらいしても長い目で見ると元は十分取れると思いますが、でもやっぱりお財布事情が厳しい我が家では少しでも安く買いたい気持ちになってしまいます。

今回、美味しいのにとってもお値打ちだと聞きつけたEXVオリーブオイルは、オーストラリア産の「コブラムエステート」というブランドのEXVオリーブオイルです。

グリーンマン
グリーンマン
オーストラリア産か。それはちょっと珍しいな。日本で売っているオリーブオイルは、スペイン産やイタリア産が多いんだが。

ヨーロッパ地域から輸入されているオリーブオイルは、確かに伝統があって高品質なEXVオリーブオイルが多いです。でも、ちょっとマイナーな国というだけで、価格がとってもお手頃においしいEXVオリーブオイルが手に入っちゃうんです。

では、早速ご紹介しましょう。ちょっとマイナーな国だけど、とってもおいしいEXVオリーブオイルをお得に買えちゃう、コブラムエステートに、大注目です!

 

オーストラリア産のEXVオリーブオイル

コブラムエステートは、オーストラリアで最も有名なオリーブオイルブランドです。国際的なオリーブオイルコンテストにも積極的に参加していて、数多くの賞を受賞しています。

近年では、日本で開催されている国際的なオリーブオイルコンテスト「オリーブジャパン」にも出品していますね。

オリーブジャパン2020では、金賞を受賞していますね。すごい!

 

価格がお値打ちな理由

コブラムエステートのEXVオリーブオイルは、ヨーロッパ系の有名オリーブオイルブランドよりも、かなりお値打ちです。

味は文句なしに美味しいのに、なぜこんなにお値打ちなんでしょう?

これは私の推測なのですが、オーストラリアの地理的なメリットがありそうですね。

オーストラリアと日本の距離は、欧州と日本の距離と比べて相対的に近いです。つまり、輸送費が安くて済むのがひとつの理由なんじゃないかと思う訳です。

オーストラリアも日本と同じで、国際オリーブ協会(通称:IOC)へ加盟していません。しかし、オーストラリアはオーガニックの国で有名です。食品の安全や品質には、日本以上に厳しい国なイメージがありますね。

そんなオーガニックの国で作られたオリーブオイルなので、近年、偽物のEXVオリーブオイルが出回っているヨーロッパ産よりも、安全な印象を、個人的には勝手に持っております。

 

コブラムエステートのラインナップでおすすめは?

コブラムエステートは、豊富なラインナップが揃っていて、どれを選ぼうか迷ってしまいます。そこで、我が家で実際に試してみた感想などを交えながら、おすすめのコブラムエステートを紹介しようと思います。

では、早速ですが、一番のおすすめは、こちら。

ウルトラプレミアムシリーズの「ピクアル」です。

 

ウルトラプレミアム「ピクアル」

こちらは、コブラムエステートブランドの最上位クラスに位置するウルトラプレミアムシリーズのひとつ、「ピクアル」です。

ウルトラプレミアムというだけあって、見た目のフォルムからして高級感が漂います。

金属のフタを開けると、注ぎ口はこんな感じ。

瓶とフタと注ぎ口

瓶の中からストロー状の注ぎ口が、「ニョキ」っと出てきます。この形が絶妙で、オリーブオイルの注ぐ量を微調整できます。

そして、何と言っても液だれしません!

ここが油を使う人にとってはポイント高いです。ホントに液だれ知らずです。

 

オリーブオイルの色は、濃い目のイエローです。

コブラムエステート_ピクアルの色

液体は、かなりサラッとしていて、サラダ油のような嫌な「ねっとり感」はありません。本当にフレッシュなオリーブの100%ジュースのような感じです。

 

お値段は、500mlで3,000円前後です。(※時期によって価格の変動があります)

「3,000円!? 普通に高いやないかい!」

と思うかもしれませんが、500ml瓶なので、250mlに換算すると、1,500円です。

グリーンマン
グリーンマン
1,500円だと、本物のEXVオリーブオイルの中ではかなりお手頃な価格だな。

我が家でも色んなEXVオリーブオイルを試していますが、正直、この品質で1,500円/250mlは、かなりお買い得だと思っています。

あと、日本では250ml瓶のEXVオリーブオイルが多いですが、コブラムエステートのウルトラプレミアムシリーズは、500ml瓶です。これも個人的には地味に嬉しいですね。

理由は簡単です。250mlだとすぐに無くなってしまうので、もったいぶってチビチビ使い気味ですが、500ml瓶だと結構ドバーっと使っても、罪悪感がありません。

グリーンマン
グリーンマン
完全に気持ちの問題な気がするが、確かに大きな瓶だとドバーっとかけてしまっても心が痛まないな。

特に朝食の食パンの時なんかは、この効果が高いですね。

食パンにオリーブオイルを浸して食べるのは、文句なしにおすすめですが、どうしても高価なEXVオリーブオイルは、チビチビと付けてしまいがちです。だって高価なんですから。

でも、500ml瓶だと、あら不思議!

お皿に注いだ時の、手に伝わる重量変動が少ない。

つまり、たっぷり使っても大して使っていない気になる!

グリーンマン
グリーンマン
自分で「気になる!」って言ってしまっとるな。

罪悪感なく、たっぷりのオリーブオイルを食パンに浸して食べる。

ああ、幸せっ!

という訳で、500ml瓶は、個人的に美味しくオリーブオイル食パンを食べられるのでおすすめです。

 

ちなみに、この500ml瓶は、高さが29cmもあるので、配送の時にガンガンぶつけられそうで不安でしたが、下の写真のように2重構造の段ボールで、完全防備で配送されてきたので、傷など全くなく、全然大丈夫でした。

オリーブオイルの梱包

次に紹介するのは、ちょっとお値打ちなグレードのコブラムエステートです。

「ライトフレーバー」と「ロバストフレーバー」

こちらで紹介するのは、普通ランクのオリーブオイルです。量も375ml瓶なので、先ほどの500ml瓶よりお買い求め易くなっています。

ライトフレーバーは、オリーブの風味が弱めのグレードです。

ロバストフレーバーは、逆にオリーブの風味が強めのグレード。

どちらも試してみましたが、身構えるほどの違いはありませんでした。まだオリーブオイルを試したことが無い方は、オリーブの風味に慣れていないので、ライトフレーバーでも味を強めに感じてしまうかもしれませんが、どちらも普通においしいです。

オリーブオイルの色は、どちらも綺麗な黄色です。ちなみに、オリーブオイルの色は、味とは関係ないそうです。必ずしも綺麗なイエローでなければいけないとか、濃いイエローの方が美味しい! とかは無いようです。人間の心理学的には、確かに色に左右されがちですけどね。

コブラムエステートの色

妻はライトフレーバーが好みと言っていましたが、私は若干オリーブの風味が強いロバストフレーバーの方がなんとなく好きかな? という感じです。(風味が強い方が、オリーブの栄養素がたくさん入っていそうな感じがしませんか?)

結論から言ってしまいと、どれも美味しいです。買って後悔することは、まず無いと思います。

 

こちらのノーマルグレードのコブラムエステートも、オリーブオイルの注ぎ口が「ニョキ」っと出てくるとても使い易い注ぎ口です。

ストロー状の注ぎ口で、空気に触れることが少ないので、オリーブオイルの酸化を防いでくれて、新鮮な状態を保つことができます。オリーブオイルは、鮮度が命なので、このニョキっと出てくる注ぎ口は、とてもありがたいです。

ニョキっと出る注ぎ口

まとめ|コブラムエステートのウルトラプレミアムシリーズは買って損はありません!

オリーブオイルの産地としては、ちょっと珍しいオーストラリア産のコブラムエステートを紹介しました。

コブラムエステートは、高品質なのにお手頃な値段で買えちゃう、コスパがとっても良い本物のEXVオリーブオイルです。節約しながら良いオリーブオイルを摂りたい人におすすめの一品です。

\ おすすめです! /

オリーブオイルの質にこだわりたいアナタは、こちらの記事もオススメです↓

メルガレホ
本物のオリーブオイル|メルガレホは超おすすめ。実際に使ってみた感想とか。今回は、コレは本当に美味しいEXVオリーブオイルだなぁ、と思ったメルガレホのEXVオリーブオイルについて書きたいと思います。本記事を読むと、EXVオリーブオイル「メルガレホ」の良いところ、悪いところが結構詳しく分かるようになると思います。世間の口コミと、我が家で実際に使ってみた感想などを合わせて紹介します。...

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。