雑記

ゲゲゲの鬼太郎|歴代鬼太郎の顔をイラストで振り返る

【ゲゲゲの鬼太郎】-歴代鬼太郎の顔比較

今、テレビでゲゲゲの鬼太郎のアニメが放映されていますね。私の住んでいる地域では、日曜日の朝10時から放送されています。ワンピースが10時半からなので、日曜日の朝は、子供にとって退屈しないんではないでしょうか。

ゲゲゲの鬼太郎と言えば、皆さんの子供の頃にも放送されていたのではないでしょうか。私が子供の頃にも放送されていました。毎回、出てくる妖怪に興味津々で観ていました。

ゲゲゲの鬼太郎_アニメ

現在、放送されているのは、2018年4月にスタートした新シリーズ。キャラクターのタッチもずいぶん変わりました。

ここでは、歴代鬼太郎の顔の移り変わりを、画像を交えて紹介します。
水木しげるロードへ行く前に、予習がてら見て頂くと良いかもしれません。

ちなみに、初めに衝撃的な画像を紹介しますと、こちら↓

初代_鬼太郎_墓場奇太郎_紙芝居墓場奇太郎_紙芝居(1933年)

 

カエル
カエル
ギャーーーー!!
出たーーーーーーーー!!

これが鬼太郎の原型です。
面影もなにもあったもんじゃないですね。詳しくは後で紹介します。

では、参りましょう。ゲゲゲの鬼太郎、歴代の顔写真で比較!

鬼太郎誕生の裏話

1933年当時、黄金バットと同じく紙芝居で人気を博していたキャラクターがいました。

それが「墓場 奇太郎」です。

ゲゲゲの鬼太郎とは、漢字が違うのが分かります。「奇太郎」と「鬼太郎」。
実は、「奇太郎」は、「鬼太郎」の原型となったキャラクターなのです。

墓場奇太郎が主人公の紙芝居「ハカバキタロー」
原作脚本:伊藤正美、作画:辰巳恵洋

水木しげる自身が、鬼太郎の原型は「ハカバキタロー」だと言っています。

なるほど。この絵は、水木しげるが描いた訳ではないのですね。それなら納得です。それにしても、リアルに描くと、紙芝居でも怖いですね。これが鬼太郎の原型、「奇太郎」です。

初代_鬼太郎_墓場奇太郎_紙芝居墓場奇太郎

水木しげるの描く、初代鬼太郎

次に1954年、水木しげるの描いた、初代鬼太郎の画像がこちら↓

鬼太郎_蛇人蛇人・紙芝居・1954年

水木しげるの画風が既に出ています。まだ鬼太郎の面影はありませんが、このキャラもとってもかわいい。1950年代当時、まだ漫画というジャンルは確立していなく、紙芝居が主流でした。紙芝居の絵は、当時、印刷技術も発達していなかったため、全て手書きで制作されていたようです。今では想像できないですよね。プリンターの無い時代があったなんて。

2代目以降の鬼太郎

こちらは先ほどと違って、かなりダークな路線へ変更したみたいですね。
1959年の鬼太郎。

鬼太郎3墓場鬼太郎(1959年)

どんどん行きましょう!
ちょっと子供っぽい鬼太郎。(1959年)

鬼太郎

あう時はいつも死人(1959年)

1969年の鬼太郎。

鬼太郎鬼太郎・夜話(1960年)

 

1962年の鬼太郎。ちょっとやんちゃそうさ表情が印象的です。

鬼太郎鬼太郎・怪奇一番勝負(1962年)

 

続いて、1964年の鬼太郎。ちょっと今の鬼太郎に似てきましたね。

鬼太郎鬼太郎・僕は新入生(1964年)

 

1964年の鬼太郎。この頃、片目の設定が右目になったようです。

鬼太郎鬼太郎・アホな男(1964年)

 

そして、本格的に鬼太郎っぽいのが現れました。1966年。
この頃、まだ「ゲゲゲ」は使っていません。「墓場の」なので、なかなかスポンサーが付かなかったという裏話もあります。確かに「墓場」の単語が付いている漫画に、スポンサーになりたいとは思わないですね。

鬼太郎墓場の鬼太郎・1966年

 

1977年の鬼太郎。ここで初めて「ゲゲゲの鬼太郎」となりました。ゲゲゲの鬼太郎の誕生です。

鬼太郎ゲゲゲの鬼太郎(1977年)

 

1980年の鬼太郎。

鬼太郎雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎(1980年)

 

1986年の鬼太郎。

鬼太郎

新編ゲゲゲの鬼太郎(1986年)

ここまで来ると分かりますね。現在のゲゲゲの鬼太郎のベースが完全に固まった時期です。

年月は流れて、現代の鬼太郎は…

現代の鬼太郎を見たことの無いお父さんもいるのではないでしょうか。こちらが現代の鬼太郎です↓

鬼太郎_第6シリーズ引用元:東映アニメーションHP

 

すっかり現代っ子になりました、鬼太郎さん。
水木しげる原画の雰囲気が全く感じられない…。これも進化のひとつの形なのでしょう。

目玉おやじの原型

実は、鬼太郎よりもさらに心臓に悪いのが目玉のおやじです。
それが、こちら↓

目玉のおやじ_原型引用元:水木しげる記念館

あの愛くるしいキャラから逸脱しまくっています。恐怖感すら覚えます。説明文も恐怖です。

日本幽霊族の最後の生き残りだったが重病に冒されて死ぬ。しかし、幼い鬼太郎のことを思うと安らかに死んでられず、肉体から流れ出た目玉の姿で復活した。
(引用元:水木しげる記念館)

肉体から流れ出た目玉!!

恐怖!!!

鬼太郎の母・岩子

鬼太郎の母親は、岩子という女性。

鬼太郎の母_岩子引用元:水木しげる記念館

四谷怪談のお岩さんの遠縁にあたる女性。幽霊族とは知らずに鬼太郎の父親と結婚した罪で地獄に落とされ、現在は地獄で虫の番人をつとめている。鬼太郎は土葬された母の胎内から生まれた。

鬼太郎は、土葬された母の胎内から生まれた…。恐ろしい。

鬼太郎にはお嫁さんがいた!

鬼太郎は、結婚していたという事実。これも衝撃的ですね。
気になる奥さんは、こちら↓

鬼太郎の妻_メリー引用元:水木しげる記念館

村長の娘、メリーと結婚しています。しかも、妻メリーのお腹には赤ちゃんがいたという。鬼太郎もやるときゃやります。

結果的に、その赤ちゃんは生まれなかったので、鬼太郎の子供はまだいないようです。

さらに、鬼太郎の妹もいた!

もうそんな設定、今のテレビアニメ版からは全く情報出てきませんが、妹もいます。妹の雪姫がこちら↓

鬼太郎の妹_雪姫引用元:水木しげる記念館

これまた個性的な顔をした女の子だこと。全然、雪姫っぽくないです。雪の要素ゼロ。

まとめ|ゲゲゲの鬼太郎の顔をイラストで振り返る

鬼太郎の原型となった「奇太郎」の画は強烈でしたが、80年以上も前に誕生した紙芝居が、ゲゲゲの鬼太郎は、現代まで続く数少ない名作です。

時代によって変化した鬼太郎をお楽しむのも、また一興ではないでしょうか。

ゲゲゲの鬼太郎に興味を持った方は、水木しげる記念館や、水木しげるロードのある、鳥取県境港市を訪れてはいかが?

(この記事の写真は、水木しげる写真館の撮影OKエリアで展示されていたパネルを個人的に撮影したものです)

水木しげるロードの記事は、こちら↓

水木しげるロードの所要時間|子供連れで歩いて3時間かかります水木しげるロードの所要時間について紹介します。小さい子供連れで歩いて、約3時間かかりました。のんびり寄り道やらスタンプのために戻ったりしながらの時間です。水木しげるロードには、魅力が沢山つまっているので、少なくとも半日は観て回りたいと感じました。...
水木しげるロード_魅力をたっぷり紹介_パート2
水木しげるロードの夜|ライトアップは何時まで?前回の記事(パート1)では、昼間の水木しげるロードをメインに紹介しました。パート2では、おすすめのお土産、おすすめのカフェ、夜のイルミネーション(影絵)を紹介します。夜のライトアップは、22時までです。夜の影絵は必見です。写真多めで紹介します。...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。