雑記

【Origami Pay】いつも3%オフ|コード決済の先駆け

【Origami Pay】いつも3%オフ|コード決済の先駆け

Origami Pay(オリガミペイ)というコード決済アプリがあります。

驚きなのが、

金融機関口座からなら、いつも3%OFFで買い物できる

というポイントです。

 

いつも

です。

重要なので2回言いました。

ALWAYS

カエル
カエル
くどいな…

 

Origami Payとは?

なぜここまで日本で話題にならないのでしょう。(知らなかったのは私だけ?)

Origami Payは、株式会社Origamiが運営するコード決済サービスです。

 

日本国内ではコード決済の先駆けとして、2016年にスマホ決済サービスを開始しました。

 

株式会社Origamiは、いわゆる「ベンチャー企業」です。

従業員数など、Origami公式サイトを見ても公表されていません。

 

分かるのは、

代表取締役社長が若い

ということ。

代表取締役社長: 康井義貴氏(1985年生まれ)。

 

1985年ですか。泣きたくなりますね。自分の無能さに。

いやいや、比べるのは良くないですね。

他人と自分を比較しない。幸福論の基本です。

 

Origami Pay最大の特徴|その場で3%オフ

他社には無いOrigami Pay独自の特長として、

その場で3%オフ

というものがあります。

というか、ほぼこれのみです。

 

他社は、来月か再来月にポイント還元として、キャッシュバックされます。

 

しかし、Origami Payは、買い物をしたその瞬間に3%還元されます。

表現としては、還元というよりは「割引」の方が妥当かもしれません。

 

ユーザー側から見ると、その場で割引されているので、きちんと確認しないと、割引されているのに気付かない、といった残念なことにもなりかねません。

その点では、他社の採用する、後でポイントキャッシュバックの方が、ユーザーもポイントが貯まるのが嬉しいし、ありがたみが増すので、商売としては他社の方が上手なのかもしれません。

しかしながら、Origami Payの還元率は、他社よりもある条件を満たすと良い、です。

では、ある条件について、詳しく見ていきましょう。

 

3%~8%オフの条件と内訳

少しややこしいので、表で説明します。

Origami-Pay-還元率の表出典:Origami Pay公式サイト

上の表で分かる通り、割引の一番のポイントは、

お支払い方法が、金融機関口座か、クレジットカードかどうか

です。

 

多くのユーザは、

金融機関口座 ⇒ クレジットカード ⇒ コード決済アプリ

という流れを使っているので、違和感を覚えると思います。

 

しかし、余計なことを考えずにシンプルに考えると、非常に簡単です。

間にクレジットカードを挟むかどうかは、さておき、

最終的に何%割引されるのか?

のみ考える。

 

例えば、以下の3パターンで比較してみると、

(1)「Origami Pay+金融機関口座」の場合、

Origami Pay+金融機関口座= 3%割引(その場で割引)

これに対して、

(2)「Origami Pay+楽天カード」の場合、

Origami Pay+楽天カードポイント付与率1%= 1%割引(その場で割引)+1%ポイント付与(後で使える)

となります。

さらに、

(3)「楽天ペイ+楽天カード」の場合は、

楽天ペイのポイント付与率0.5%+楽天カードのポイント付与率1%= 1.5%ポイント付与(後で使える)

です。

 

そう、単純に(1)の「Origami Pay+金融機関口座=3%割引」が最も還元率が高いのです。

 

ただし、Origami Payには、割引上限額や、キャンペーン期間による還元率の変動があるので、注意が必要です。

では、注意点について、詳しく見ていきましょう。

 

Origami Payの割引上限額に注意!

小さく書かれていますね。

Origami-Pay-還元率の表出典:Origami Pay公式サイト

大きく書かれた還元率3%の下に、小さく

最大割引金額:3,000円

と。

こういうのは、ちょっと好きではありませんね。

商売だから仕方のないことかもしれませんが、後々、ユーザーに不満を与えるような表現は控えた方が良いと思います。

これは、管理人自身にも言い聞かせております。はい。

 

という訳で、金融機関口座から支払ったとしても、上限額3,000円というのは覚えておきましょう。30万円以上の買い物をしても、割引は3,000円まで、ということですね。

 

Origami Payが使えるお店

コンビニでは、

  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

で使えます。

ミニストップでは、2019年10月16日~30日まで、お得なキャンペーンを実施しています。詳細は、下の記事で紹介します。

 

飲食店では、

  • 吉野家
  • KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)
  • 松屋
  • サーティワンアイスクリーム
  • ほっかほっか亭

 

その他では、

  • TSUTAYA
  • ブックオフ

 

などがあります。

詳細は、Origami Pay公式サイトからご確認下さい。

 

 

今の段階で、注目すべきは、ミニストップのキャンペーンによる還元率UPですね。

詳しく見ていきましょう。

 

キャンペーン情報|2019年10月現在

さまざまなキャンペーン情報がありますので、ここでまとめて紹介したいと思います。

ミニストップに行こう!

500円または100円オフのクーポンを取得できるキャンペーンです。

期間は、2019/10/16(水)- 2019/10/30(水)まで。

 

10/19時点で、100円クーポンの方は上限に達してしまい、現在は配られていないようです。

ただし、新規登録者の500円クーポンは、まだ残っているようです。

 

これは是非使っておきたいクーポンですね。

詳細は、下のOrigami Pay公式サイトでご確認下さい。

https://about.origami.com/press/2019/1015/

 

はじめての方限定|50%オフクーポン

はじめての方限定で、抽選で1,000名様に50%OFFクーポンをプレゼント。とのことです。

まだ登録していない方向けのキャンペーンですね。

注意点として、「最大割引金額500円」とありますので、1,000円以上の場合は500円までしか割引されない点に注意ですね。

 

Origami Payのデメリット

管理人が考えるOrigami Payのデメリットは、

|金融機関口座から直接引き落とす支払いシステム

です。

 

どういう意味かと言いますと、何らかのトラブルに遭った場合、金融機関がどこまでユーザをサポートしてくれるのかが分からない点です。

 

さらに具体的言いますと、例えば、Origami Payを何者かに不正に乗っ取られた時のサポートや保証です。

お金の引き落としに、クレジットカード会社のサポートがある場合、管理人としては安心できます。

参考に、管理人がクレジットカード被害に遭った体験談を紹介します。

 

Origami Payの乗っ取り被害に遭った場合、金融機関は十分にサポートしてくれるのか?

金融機関がどこまでサポートしてくれるのか、こればかりは調べてみないと分からないので、情報が集まり次第、また記事にしたいと思います。

ちなみに、クレジットカード会社が支払い先の場合は安心、というのが管理人の意見です。

 

管理人がクレジットカードの不正利用被害に遭った記事は、こちら↓

【体験談】クレジットカードの不正利用に遭いました|でも被害額0円本厄の中でも最もヤバい大厄の年、クレジットカードの不正利用被害に遭いました。そう、見ず知らずの人間に、勝手に使われたのです。原因は、犯人が大手通販サイトで利用できる番号を手あたり次第トライアンドエラーで見付けたようでした。本記事では、私の体験談と、クレジットカード会社の素晴らしい対応を紹介したいと思います。...

 

 

参考|中国の大手「AliPay」「UnionPay」と業務提携している

中国のアリババグループのAliPayと業務提携したことが話題になりました。

また、こちらも中国の巨大銀行UnionPayとも業務提携しました。

これにより、Origami Payは、中国人の観光客も顧客として取り込んだことになります。

これは非常に大きな意味を持つと思います。

中国の巨大市場でも使えるようになる訳ですから、今後、成長する可能性は高いと思われます。今後のOrigami Payに、注目です。

 

まとめ

Origami Payの最大の魅力は、その場で即座に還元してくれる割引システムです。

これは、他のコード決済には無い特長です。

 

さらに、金融機関口座から引き落としする場合は、現在のキャンペーン(~2020年1月31日まで)だと、その場で3%割引となり、他のコード決済に比べてシンプルで、且つ還元率が高いです。

 

ただし、注意したいのは、その金融機関口座から直接引き落とすという支払いシステム。

万が一、他人に自分のOrigami Payを乗っ取られた場合、クレジット会社のサポートが無いのは一抹の不安があります。金融機関がどれだけサポートしてくれるのか。

この観点については、別の記事で検証してみたいと思います。

 

楽天ペイと楽天カードでポイント二重取り
【楽天ペイ】楽天カードユーザーは、ポイント二重取り1.5%でお得楽天カードをお持ちの方は多いと思います。何と言っても、通常のポイント付与率1%なので、メインのクレジットカードとして使うことが多いと思います。それに加えて、今回の楽天ペイです。さらに0.5%のポイントが加算されます。合計1.5%のポイント二重取りです。さらにさらに、2019年12月2日10時まで、ポイント還元率が5%に大幅UPしています。これを利用しないと勿体ないですね。楽天ペイは、かなり使い勝手の良い、使える店の多いコード決済アプリだと思います。...
【電子マネー】小学生でも分かるように解説します。初心者用、電子マネー入門。
電子マネーとクレジットカードとスマホ電子決済の違いって何?電子マネーとクレジットカード、スマホ電子決済について、分かり易く解説します。基本は、この2つを覚えておくだけ。①プリペイド型(チャージ型)、②ポストペイ型(クレジット型) ここに、カードで支払うか、スマホアプリで支払うか、の違いが出るだけです。ポストペイ型は、ついつい使い過ぎてしまう危険があるので、プリペイド型が良いかもしれません。...

 

では、今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。