旅行/お出掛け

恐竜イベント|ユタラプトルとティラノサウルスが観客に絡みまくる!

恐竜イベント

中京競馬場の恐竜イベントへ参加してきました。

競馬場なのに、メインの競馬は開催せずに、子供向けイベントの恐竜ショーや恐竜の化石などが展示されるイベントです。

カエル
カエル
競馬場スタッフも、競馬に飽きてきたみたいだな

恐竜イベント

DINO-A-LIVE
超恐竜体験
リターンズ

という無料の恐竜イベントです。

ディノアライブ超恐竜体験出典:中京競馬場公式サイト

イベントの目玉は、何と言っても

ユタラプトルティラノサウルス恐竜ショー

です。

ティラノサウルスとユタラプトル

近年、この手の恐竜ショーが日本全国各地で多く開催されていますが、ここまで恐竜を間近で観られるのは初めての体験で、とても楽しい時間を過ごすことができました。

それでは早速参りましょう。

迫力の体験を写真多めで紹介します。

 

ユタラプトル|実は卵泥棒では無かった!?

「ラプトル」の意味は、

卵泥棒

です。

恐竜の卵

恐竜に詳しくない方でも、映画「ジュラシックパーク」シリーズで観て記憶に残っている方も多いでしょう。

映画「ジュラシックパーク」では、小型のすばしっこい肉食恐竜を「ラプトル」と総称していたようです。

 

この「卵泥棒」という名前の由来は、もちろん、昔、恐竜がいた時代に、

ラプトルが、他の恐竜の卵を盗んで食べていた

ということが由来なのですが、近年、この説を覆す学説が出てきました。

 

それは、

ラプトルは、卵を盗んでいたのでは無く、実は自分が産んだ卵を温めていた

という説です。

 

この説の背景には、ラプトルの化石の近くにあった卵を分析したところ、ラプトルの卵であった、ということから話題になりました。

 

これまでは、「卵泥棒」と言うマイナスのイメージだったラプトルが、見方が少し変わっただけで「優しい恐竜」に早変わり。

物事の捉え方というのは、ちょっと視点が変わるだけで、ガラリと変わってしまうものなのですね。

 

ところで、ラプトルは全世界で様々な種類が化石で発見されています。

例えば、日本で初めて発見された肉食恐竜「フクイラプトル」もラプトルの一種です。

ラプトルの種類は、有名な物をざっと挙げると、

  • リンヘラプトル(中国「リンヘ」のどろぼう)
  • ベラキラプトル(速いどろぼう)
  • ブイトレラプトル(コンドルのねぐらのどろぼう)
  • アウストロラプトル(南のどろぼう)
  • ギガントラプトル(巨大などろぼう)
  • コンコラプトル(貝どろぼう)

と、キリが無いくらい沢山出てきます。

カエル
カエル
可愛そうなくらい、みんな「どろぼう」呼ばわりだな…

ちなみに上で挙げたラプトルは、全て小学館の図鑑NEO「恐竜」に載っているラプトルです。かなりマニアックな恐竜まで載っているので、観ていて飽きません。DVDも付いているので、子供と一緒に観るととても楽しいです。

\ おすすめです /

 

今回のディノアライブ恐竜ショーで出てきたラプトルは、

「ユタラプトル」(Utahraptor)

という種類のラプトルです。

ユタラプトルが吠える

「ユタ」と始めに付くので、お気付きの方もいると思います。

そう、アメリカ大陸の「ユタ州」で発見されたラプトルです。

白亜紀前期に生息した恐竜で、「ユタ州の泥棒」とも呼ばれるそうです。

辺りを見渡すユタラプトル

ユタラプトルの全身は、羽毛で覆われていたようです。

恐竜の子孫は、現在の鳥類と言われていることもあり、見た目は、

鳥を大きくした恐竜

みたいな感じでした。

ユタラプトルの目

今回の恐竜ショーで観たユタラプトルでは、

目の色は、赤色

目の周りは、青色

と、かなり派手な風貌でした。

実際はどうなのでしょうね?
(恐竜の化石からは、さすがに目の色や肌の色までは分からないだろうし…)

 

ティラノサウルス|1年で800kgも成長する!?

ティラノサウルスは、言わずと知れた、白亜紀後期、最強の生物です。
T-レックスとも呼ばれたりしますね。

ティラノサウルスが吠える

ティラノサウルスは、アメリカ大陸に生息していました。

ティラノサウルスの名前の由来は、

「テュランノス(暴君)」+「サウロス(トカゲ)」

から来ており、

暴君の爬虫類

と言う意味だそうです。

人を襲うティラノサウルス

この日、トークイベントで出演された「恐竜くん」が教えてくれた情報によると、

ティラノサウルスは、1年で800kgも成長する

のだそうです。

歩くティラノサウルス

1年で800kgという物凄い成長スピード。

逆に言うと、生まれた時は、そんなに大きくなかった、ということです。

 

恐竜の卵の大きさ|実は最大でも40センチ!?

トークイベントでお話してくれた恐竜くんによると、

大きな恐竜でも、卵の大きさは、

最大40cmほどしかなかった

ようです。

最大級の恐竜の卵

恐竜と言うと、

  • 大型肉食恐竜のティラノサウルスは、11~13m
  • 超大型恐竜のブロントサウルスは、22m

であったとされますが、そんなに大きな恐竜でも、卵はたった40cmしか無かったようです。

カエル
カエル
体の大きさの割には、卵は小さいんだな

 

恐竜くん|今後、有名になっちゃうかも!

恐竜イベントのトークイベントでお話してくれた「恐竜くん」

とっても分かり易いトークで、子供も大人も楽しく恐竜について勉強することができました。

ご自身は、子供の頃から恐竜マニアだったそうで、恐竜が好き過ぎて、16歳で単身、カナダへ留学してしまったほどだとか。

その後、カナダの名門アルバータ大学で恐竜について学んだんだとか。

恐竜くん

トークイベント自体は、15分ほどでしたが、とても楽しい時間を過ごせました。

既にテレビ出演はされているようですが、今後、さらに活躍されるかも!?

と思いました。

 

恐竜くんに興味が湧いた方は、恐竜くんの公式サイトをチェック↓

https://kyoryukun.com/

 

DINO-A-LIVE|無料イベントでこのクオリティはお得過ぎる!

今回の恐竜イベントの仕掛け人は、DINO-A-LIVEという恐竜イベント会社。

今回の中京競馬場のような、

客席と舞台が近い

客席に恐竜が突っ込む

みたいな迫力満点のイベントは、正直、初めて体験しました。

 

どうしても恐竜イベントと言うと、安全をみて、恐竜と観客の間には、柵やバリケードが張られていますが、今回のディノアライブの恐竜ショーは、そのような境目は無く、

しいて言えば、恐竜が通る通路にカラーテープが張られている程度。

 

一応、「テープからは出ないでください」と、ショーの初めにアナウンスされるも、

ショーが始まってしまえば、恐竜の方から観客に

絡む

お客に絡むユタラプトル

からむ!

お客に絡むティラノサウルス

からむ!!

お客にさらに絡むティラノサウルス

ここまで恐竜と近くで楽しめるイベントは、なかなか無いと思いました。

 

ディノアライブ、おすすめです!

 

DINO-A-LIVEの公式サイトは、こちら↓

https://www.dino-a-live.jp/

 

まとめ|恐竜イベントは、観客と恐竜が近くて楽しい

小さい子供連れのファミリーなら、恐竜イベントは楽しめること間違いなしです。

今回参加した中京競馬場の恐竜イベントは、無料にも関わらず、最高に楽しめました。

ポイントは、

  • お客さんと恐竜がめちゃめちゃ近い
  • 恐竜がお客さんをいじる

とあって、思わず声が出てしまうほど大興奮でした。

 

出てくる恐竜のクオリティもとても高く、本物の恐竜のようでした。

恐竜くんによる、ユタラプトルとティラノサウルスの解説も、とても楽しく学べました。

 

今回、紹介したディノアライブと恐竜くんは、今後も注目していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。