育児

【手足口病】大人も感染するので子供用プールには注意!

手足口病

今日は、手足口病の感染経路について、お話します。

手足口病は、小さい子供がかかる感染症ですが、まれに大人もかかると言うことが分かりましたので、紹介したいと思います。

というか、感染しました。ワタシ。(40歳)

宝くじとか馬券とかは、全く当たりませんが、こういう貧乏くじは、高確率で当たります

ある意味、引きがいいです。

カエル
カエル
おめでとうございます

ありがとうございます。

そもそも、手足口病とは、三大夏風邪のひとつと言われます。
三大夏風邪は、以下の3つ。

  1. 手足口病
  2. ヘルパンギーナ
  3. プール熱(咽頭結膜熱)

では、参りましょう。手足口病の感染経路!

手足口病の感染経路

くしゃみ

まずは、手足口病に感染した人のくしゃみや咳の唾液から感染します。
基本的に、手足口病の感染ルートは、口へウイルスが侵入することにより感染します。
でも、私がかかったのは、これではありません。

プール

子供用プール。これがヤバいです。
私、この子供用プールへ2時間ほど入っていたら感染しました。くやしー。
子供用プールは、深さが浅いプールで、主に小学生低学年や幼稚園児が入るプールです。
ちまたでは、幼児が普通におしっこしてる伝説も噂されるほど。
というか、普通におしっこしてそう。おそろしい。

プールで頭まで水に浸かると、自然と口の中にも水が入ってきます。

これが感染経路です。口からウイルスが侵入。

子供用プールで、なぜか水の循環なし!

ありえない。と、今思った。
感染したその日、なぜかプールの水がインしてなかったんです。
これは水の節約か?
水がインしてないということは、当然、アウトもしていないということで、つまり水が循環していないということ。

悪のウイルスの温床と化しとるっ!!

おそろしや。今考えるとなるべくしてなったね。手足口病。
あと、「プール熱」なんかもヤバそうだね。

【番外編】プール熱

ここで、プール熱についても、少しだけ触れておきますね。
個人的にも気になるので、調べてみました。

ウイルス:アデノウイルス
感染経路:プールの水、くしゃみ、咳、唾液
症状:のどの痛み、目の充血、発熱、頭痛、食欲不振

うーん、こう見てみると、プール熱の症状も私の症状といくつか一致するな。
プール熱も同時にかかっていたのかも。

手足口病の病状

手足口病は、手のひら、足の裏、口の中に発疹ができる感染症です。
発疹は、触れると痛みを伴います。怖ぇ~。
さらに全体の3割ほどが発熱するそうです。
ワシ、その3割を引き当てました。引きが強い(貧乏くじ限定)

大人が感染すると、子供よりも重症化することが多いそうです。
私の場合、プールに入って1.5時間くらいで悪寒がしてきました。
そうです。プールに入っている時、すでに感染していた疑いあり。
1時間足らずで感染。そんな短時間?って思いますが、そうなったんだから仕方ない。
短時間で症状が出ます。

私が経験した症状は、こんな感じ。

7/25(木)
9:00 プールに入る
10:30 悪寒を感じる
11:00 プールを出て休憩(娘は遊び続ける)
11:20 プール終了(服に着替える)
14:00 身体がダルいことに気付く。布団に横になる
15:00 発熱。38度~39度の間をさまよう
20:00 汗が出ない。
24:00 苦しい。眠れない。

7/26(金)
2:00 汗が出始める。
6:00 結局眠れず。熱が少し下がる。体温37度~38度の間。
19:00 一日中だるい。

7/27(土)
5:00 体温36度に下がる。体のダルさも無い。治った。と思ったら・・・

7/28(日)
いつの間にか手に5mmほどの発疹が両手に1個ずつあることに気付く。
さらに、足にも小さな発疹が5つほどあることに気付く。
妻に、「それ、手足口病じゃない?」と指摘される。

「手足口病?」

ワシ、調べる。

・・・・

病状ぴったり一致。手足口病や。

調べてみると、残留塩素濃度の基準を満たしている場合は、手足口病もプール熱も感染することは無いようですが、私が入ったプールは塩素の臭い、全くしませんでした。
きっと残留塩素濃度の基準なんて満たしていなかっただろうな。

塩素臭がしないプール、危険ですので注意しましょう

手足口病の予防

口からのウイルスの侵入を予防すればOKです。
なので、手洗い、うがいで予防できます。

あとは睡眠時間をしっかり確保することで、身体の免疫力を高め、ウイルスの感染を防ぐことができます。

まとめ

手足口病の感染経路は、子供用プールを特に要注意。
プールの水の循環がされていない場合は、マジでヤバい!すぐに逃げるべし!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。