育児

【子供の英語教室】一緒に宿題する3つのメリット

子供の英語教室

こんにちは、最近英語の勉強が楽しいと感じる、管理人です。

今回は英語の勉強の話です。

幼稚園児の習い事は、英語教室がおすすめな理由を紹介した記事は、こちらからどうぞ↓

【育児】幼稚園児の習い事、英語教室がオススメな理由
【育児】幼稚園児の習い事、英語教室がオススメな理由こんにちは、幼稚園児のお父さんやっています、管理人です。 今回は、4歳から6歳くらいの幼稚園児や保育園児に最適な習い事のお話です。...

 

子供の習い事は、英語教室がお勧めという内容でした。

今回は、子供の英語教室の宿題を一緒にやることのメリットをお話しします。


英語教室の宿題を一緒にする3つのメリット

その1: 子供と仲良くなれる

子供は、英語教室の宿題を。
親は、自分のやりたいことを子供の隣でする。(私の場合、ブログの記事を書いたり、本を読んだり、あとは自分でも英語の勉強したりします)

子供_机

机に横並びで座って、一緒に勉強します。横並びで座るのもポイントです
心理学の観点から、横並びに座ると親近感が増します。結果、親しくなれます。
子供は、自分を認めて欲しい、と言う欲求があります。親は隣から子供を見守る。
子供は、隣で親に見て貰っているというだけでも安心します。

分からないことがあると、すぐに質問もできます。
頑張ってできた時は、一緒になって喜びます。
上下関係ではなく、横の関係で子供と繋がると、より一層子供と仲良くなれます

その2: 子供の成長を実感できる

英語教室に行くと、徐々に子供は英語が上達していきます。
しかし、残念ながら親は子供の成長を知る機会が少ないです。

そこで、一緒に宿題です。

キリン

園児の場合、まだ書くことは上達が遅いですが、しゃべりは上達が早いです
宿題の中に、CDで話す単語を真似してしゃべる、という物もありますが、これがとても上手にしゃべる。子供って上達、早っ!っと思ってしまいます。
正直、私も驚いています。このペースだと、すぐに日本語に追い付きそうです。
逆に日本語は、そこまで丁寧に発音から話し方まで教えていないので、日本語よりも英語の方が上手く話せる、なんて子もいるのではないでしょうか。

その3: 親もちゃっかり英語を勉強できる

子供の教材と言えど、本も全て英語なので、普通の日本人には簡単には読めません。
(私が読めないだけなのかもしれませんが…)

本

なので、辞書で調べたりして、親も勉強になります。
毎週、繰り返し同じ本やCDを聴くので、反復練習にもなります。
量も園児用だと少ないのでリーズナブル。大人には全く苦になりません。

まとめ

と言う訳で、子供も勉強できて、親も勉強できちゃう。
さらに子供とのコミュニケーションもできて仲良くなれちゃう。

宿題最高!

受け身で、宿題やらないといけないなぁ、と思うか、
攻めの気持ちで、宿題やるといろんなメリットがあるなぁ!と思うかは自分次第。

せっかくなら宿題も楽しんじゃえ!

ちなみに、私は学生時代、英語は大嫌いでしたが、社会人になって勉強が好きになりました。気持ちの持ちようって、めちゃめちゃ大切です。

逆に言うと、学校の先生は教え方が下手だったなぁ、と思ってしまいます。
子供の気持ちを乗せるということをしない先生が多かった…。残念!
(良い先生もいたけどね!)



子供の叱り方
子供の叱り方|厳しい叱り方は逆効果?正しい叱り方はたったこれだけ子供の叱り方で、厳しく叱るのは逆効果だった!?正しい叱り方は、たったコレをやるだけ!今まで苦労していた子供のしつけがウソのように楽になります。「意志力の科学」の権威、ロイ・バウマイスターが明かす、科学で裏付けされた子供の叱り方を分かり易く紹介します。...

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。