育児

吃音|英語の大学入試:スピーキング試験で健常者より不利?

吃音_2020年からセンター試験でスピーキング導入

9/1日付の新聞で、吃音と英語の民間検定試験についての記事がありました。

今回は、吃音者が英語の民間検定試験を受ける際にハンデと成り得る「スピーキング試験」についての話をしたいと思います。

 

背景|英語の民間検定試験の導入

文部科学省の発表によると、2020年から始まる大学入試で、英語の民間検定試験が導入されることになった。

現在の大学入試センター試験の「リーディング(読む)」「リスニング(聞く)」に加え、2020年からは、「ライティング(書く)」「スピーキング(話す)」の能力も試験の対象となる、というものです。

 

スピーキング試験|吃音者のハンデについて

問題は、「スピーキング」です。

吃音者にとって、スピーキングは恐怖です。

特に母音から始まる言葉を発音する時にどもることが多く、英語で多く使われる”I”や”It”などを発音するのに苦労することが予想されます。

 

NPO法人「全国言友会連絡協議会」が文部科学省へ待ったを掛ける

そこで待ったを掛けたのが「全国言友会連絡協議会」。

吃音の人達で構成されるNPO法人「全国言友会連絡協議会」が、

吃音の受験生への配慮が十分でない

として、不利な扱いを受けないよう文部科学省に要望した。

とのこと。

 

文部科学省は、吃音者が健常者に比べて不利な条件を見直すと発表

NPO法人の要望を受け、吃音の生徒に対し、次のことを認めることを公表した。

  • スピーキング試験の時間延長
  • 吃音の症状に応じてスピーキング試験を免除する

 

これは、吃音者にとっては、非常に大きな一歩だと思います。

この機会に、もっと吃音者の存在を世に理解してもらえたらと思います。

 

その他の英語試験の動向|健常者に対する吃音者へのハンデ見直し

センター試験の他では、有名どころとして「英検」がある。

英検では、吃音の受験生に対し、次のような配慮をする方針だ。

  • 健常者:機械に向かってスピーキングを実施する
  • 吃音者:面接官と向き合ってスピーキングを実施する

 

機械だと、吃音独特の「あ、あ、あ、あ、I am」などの連発と呼ばれる症状を、誤発音と判定してしまう。

これを解決するため、吃音の受験生は、面接官と向き合って、吃音の症状が出た時でも、これを救済する処置を取る、というものだ。

こちらも吃音のある生徒にとっては大きな救済処置だと思います。

健常者でも英語のスピーキングは緊張するものです。

吃音のある子供ならなおさらです。

 

その後、2020年の英語民間試験の導入は見送りへ

2019年11月1日に文部科学省は英語民間試験の2020年導入の見送りを発表。

今後は、2024年度への導入へ向け、再度検討をし直すとのことです。

吃音者と健常者の両方の立場に立って、しっかりと検討して欲しいと切に願います。

 

まとめ|吃音者は健常者より英語のスピーキング試験で不利にされない処置を期待

吃音者で成るNPO法人の呼びかけによって、文部科学省は丁寧に対応してくれたと思います。

小さな声でも、みんなが声を上げれば、声はきっと届くと思います。

吃音の子供達が、吃音によって未来を閉ざされることが無いよう、社会全体で支えていける国であって欲しいと切に願います。

 

吃音症の子供への接し方についての記事は、こちら↓

どもりのある子供は頭の回転が速い
【吃音症】どもりのある子は言語能力が高く、頭の回転が速い吃音を持つ子供達は、この吃音のせいで、いじめに遭う確率がぐっと高くなります。いじめを受けた子供は、自ら命を絶つという最悪の選択をしてしまう事例も数多く存在します。それにも関わらず、日本では、吃音の認知度がとても低いというのが現状です。かく言う私も吃音の存在を正しく認識していませんでした。この記事を読んで、少しでも吃音を理解していただき、吃音の子供に少しでも優しくなっていただける人が増えてくれたら、私にとってこれ以上ない幸せです。...

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。