【スラムダンク】モヒカン頭(堀高校)について考察する

スラムダンク_堀高校のモヒカン頭とは

2022年12月3日に公開が予定されている映画「スラムダンク」。

その内容は、いまだ明かされないままであるが、気の早い筆者は、映画の内容を想像する日々を送っている。

おそらく、インターハイで湘北高校がどこかの高校と戦うのが、主なストーリーと予想されるが、果たしてそんなに単純にストーリーを決めてしまって良いだろうか。

スラムダンク単行本を引っ張り出し、インターハイへ出場する高校をじっくり見直してみる。どこかにヒントが隠されているはずだ(妄想)。

「あっ…」

とあるページで手が止まる。

「ひょっとして、このモヒカン頭・・・」

堀高校のモヒカン頭、まさかキミが映画の主役なのか・・・!?

【スラムダンク】モヒカン頭(堀高校)について考察する

それでは、さっそく気になる「モヒカン頭」について考察しよう。

福井県代表の「堀高校」とは?

インターハイ出場校で、福井県代表の「堀高校」をご存知だろうか?
スラムダンク24巻に出てくる強豪校の1つだ。
強豪校と言っても、たったの1コマしか出てこないのだが、この1コマがスラムダンクファンの間で長年話題になっている。それが福井代表の「堀高校」だ。

全国の強豪校として、あの森重 寛(もりしげ ひろし)擁する名朋工業と共に描かれているのだが、スラムダンクの原作中では、結局、桜木花道たちの湘北高校と対戦することなく、たった1コマの登場で終わっている。

堀高校のモヒカン頭とは?

その堀高校の1コマで、気になる選手が描かれている。
それが「モヒカン頭」の選手だ。原作中では、名前すら登場しない。

スラムダンク_堀高校_モヒカン頭_スティーブ大滝
グリーンマン
グリーンマン
なるほど、カット割りを見る限り、堀高校の中心選手では無さそうに見えるが、この髪型は強烈すぎるな。

思わず二度見してしまうほどのインパクト。

井上雄彦氏が髪の毛を書き忘れたのか? と心配してしまうほどの衝撃。

おそらく、真ん中のヘアバンドを付けている選手が、堀高校の中心選手で、右側に顔が見切れている選手と左側のモヒカン野郎は、あくまでチームを構成するスタメンの一人として、くらいにしか描かれていない。

グリーンマン
グリーンマン
中心のヘアバンドの選手は、いかにも優等生なキャプテンタイプって感じだな。でも、やっぱりその中心選手よりも、背後のモヒカン頭が気になる…。

実は2017年当時、井上雄彦氏と五十嵐圭選手との対談で、モヒカン頭の選手について原作者本人の口から語られている。

まず、福井県の強豪校と言えば、北陸高校だが、

「堀高校」のモデルは、福井の強豪「北陸高校」ではない

と明言している。

そして、気になるモヒカン頭の選手だが、スラムダンクの読者からもらった手紙が元ネタだったという。

その手紙には、

スティーブ大滝

という名前のモヒカン頭の奇抜な選手が描かれていたという。

そして、そのモヒカン頭の通う学校が、堀高校という設定らしい。このファンの手紙の設定を面白いと思い、そのまま原作でも使わせてもらったようだ。

ちなみに、対談相手の五十嵐圭選手は、自身が福井県の「北陸高校」出身なので、スラムダンクを読んだ時、自分の出身校の北陸高校が堀高校のモデルなのでは? と予想したのかもしれないが、残念ながら外れのようだ。(「ビー・ダッシュ」(週刊朝日)2017年12月26日掲載)

モヒカン頭「スティーブ大滝」を徹底分析

ここで、スティーブ大滝という選手がどのような選手なのか、詳しく分析してみよう。

グリーンマン
グリーンマン
分析も何も、原作では、1コマしか登場してないけどな

この1コマから分析するに、スティーブ大滝はこんな選手であろう。

スティーブ大滝
・堀高校2年生
・身長:199cm
・体重:103kg
・ポジション:センター
・父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフ。背が高いのは、母親の遺伝子による。(母親は2m)
・愛称:大滝君
・性格:真面目で内向的。人前に出るのを嫌い、人の後ろに隠れようとするが、体が大き過ぎて、だいたい隠れきれていない。
・恵まれた体格と運動神経で、将来を期待されるが、メンタルが豆腐のように繊細で弱い。豆腐メンタルを克服すべく、インターハイへ臨んだ結果が、「モヒカン頭」にイメチェンすることだった。(モヒカンにする前の髪型は、センター分け)

ちょっと最後の性格予想のところは、個人的な想像が入ってしまったが、だいたいこんな所だろう。

グリーンマン
グリーンマン
全部、お前の妄想な。

※全て筆者の個人的な妄想です。

堀高校のインターハイ結果は?

スティーブ大滝の妄想プロフィールはさておき、堀高校としてのインターハイ結果はどうだったのだろうか。

残念ながら、詳しい情報は原作には掲載されていない。
なんせ1コマしか登場していないのだから…。

グリーンマン
グリーンマン
でも、たった1コマで、この存在感は、ある意味すごいな…

ちなみに、堀高校は、インターハイのトーナメント表によれば、右下のブロックに組まれている。右下のブロックと言えば、森重寛を擁する名朋工業と、おそらく名朋工業に再び負けてしまうであろう、静岡の常誠高校がいるブロックだ。

スラムダンク_インターハイ_トーナメント表

なんだ、やっぱり堀高校も名朋工業に負けてしまうのか。

多くのファンがそのように想像してしまうと思うが、ちょっと待って頂きたい。実はスラムダンク原作者の井上雄彦氏が、気になるコメントを残している。

それは、

「名朋工業が優勝校ではない」

という事実だ。さらに、

「優勝校は、本編で描かれていないチーム」

との2つの真実。

スラムダンク最終話で、神奈川の海南高校が全国2位になっていることは確定だ。ということは、1位は、海南と逆のブロック。つまり右側ブロックのチームだ。

ここで一度、整理する。

・2位は海南(左側ブロック)
・(右側ブロックの)名朋工業は優勝では無い
・本編で描かれていないチームが優勝校

となると、優勝校は、右側ブロックの名朋工業と大阪の大栄学園以外となる。

これらの条件を満たす高校は、27チームも存在するが、その中に堀高校も入っている。

グリーンマン
グリーンマン
ちょっと待て。一応、1コマ登場しているよな。堀高校は。

確かに1コマだけ登場しているが、これが「本編に描かれた」と言えるだろうか。訳の分からないモヒカン野郎は出てきたが、公式には名前も出ていないし、セリフの一言も無い。

つまり、筆者の考えでは、堀高校は、「本編に描かれていない」だ。(※あくまで個人の妄想です)

堀高校が優勝・・・。
可能性としては、大いにあると考えている。今日も妄想が止まらない。

 

北陸高校について

このように堀高校の実在モデル校と噂された北陸高校は、残念ながらモデルではなかったようだが、実際の北陸高校とは、どのような高校なのだろうか。

ここでは北陸高校にフォーカスしたいと思う。

福井県が誇る、高校バスケ界の名門校、それが北陸高校だ。ユニフォームの色は、黄色で、赤字で「HOKURIKU」というデザインだ。

高校バスケの2大大会の常連で、優勝経験も複数回ある。

・インターハイ:優勝4回、準優勝2回(出場48回)
・ウインターカップ:優勝1回、準優勝7回(出場44回)
(※2022年時点)

<有名なバスケ選手>
・五十嵐 圭(PG)
・篠山 竜青(PG)

 

五十嵐圭選手

 

五十嵐圭選手は、「バスケの貴公子」とも称され、メディアの露出も多いので、バスケを知らない方でもご存知の方は多いはず。高校時代は、北陸高校に在籍し、中央大学へ進学、その後、日立→トヨタ自動車→三菱電機→新潟アルビレックスBB→群馬クレインサンダーズ(2022年)と40歳を過ぎても日本の第一線で活躍している選手だ。2006年には、日本代表にも選ばれている。

篠山竜青選手

 

篠山竜青選手も日本バスケ界では第一線で活躍している選手だ。五十嵐圭選手ほどのメディアの露出は無いが、バスケ日本代表のキャリアとしては、五十嵐圭選手以上だろう。

篠山竜青選手は、北陸高校に在籍し、その後、日本大学へ進学。社会人としては、川崎ブレイブサンダース(前身の東芝時代を含む、2022年現在)で活躍されている。

ちなみに、篠山竜青選手は、背番号7を付けているが、これはスラムダンクの宮城リョータの背番号7に由来しているそうだ。ご自身のプロフィールでも公言しているように、好きな漫画は「スラムダンク(井上雄彦氏)」のようで、バスケ雑誌「ビー・ダッシュ」では、実際に井上雄彦氏と対談もされている(2018年)。

映画「スラムダンク」の内容は?

2022年12月3日公開予定の映画スラムダンク「THE FIRST」では、どのチームが描かれるのか?

大方の予想では、山王工業ではないだろうか。確かに原作の最後の試合として描かれた「湘北高校 VS 山王工業」は圧巻だった。

しかし、井上雄彦氏が大方の予想通りのストーリーを出してくるだろうか。

答えは、NOだ。きっと井上雄彦氏は、良い意味でファンを裏切ってくれる。そして、そのファンを裏切る内容としては、

「堀高校」に一票だ。

まさかの堀高校。湘北はサブで、メインが堀だ。

スティーブ大滝だ。

そして、なんとなくヘアバンド付けている辺りが似ている、堀高校のキャプテンの声優担当が篠山竜青選手だ。どうだろう。

そして、似ても似つかない風貌のスティーブ大滝の声優担当が、五十嵐圭選手だ。どうだろう。

グリーンマン
グリーンマン
どうだろう、じゃねえよ。無いよ。

対戦相手は、そうだな、あの大阪のイケメンかブサイクかよく分からん土屋 淳(つちや あつし)擁する「大栄学園」でいいや。

最後は適当。

まとめ|堀高校のモヒカン頭は読者考案キャラクターだった

スラムダンク24巻に出てくるモヒカン頭の選手は、実は読者の考案したキャラクターでした。そして、モヒカン頭の名前は、「スティーブ大滝」で、堀高校に所属することまで設定されたキャラクターでした。

スラムダンク本編には、たったの1コマしか登場しなかったモヒカン頭こと、スティーブ大滝ですが、今後、ひょっとしたら映画「スラムダンク」に登場することもあるかも。とにもかくにも、映画「スラムダンク」に期待大です。


最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

スラムダンク_キャラクターの実在モデルが存在するって噂は本当なのか
【スラムダンク】キャラクターのモデルとなった実在の人物とは?スラムダンクに登場するキャラクターの実在モデルは誰なのか? 原作者の井上雄彦氏の公式コメントでは触れられない、実在モデルについて、妄想をふくらませながら検証します。...