旅行/お出掛け

【茶臼山】小さい子供連れのファミリーに最適。夏は特に涼しくておすすめ

茶臼山

こんにちは、夏大好き、管理人です。

今日は茶臼山(愛知県)の紹介です。
小さいお子さんのいるファミリーにもおすすめのスポットです。
特に、夏は涼しいのでおすすめ。茶臼山の見所を紹介します!

茶臼山

茶臼山は、愛知県と長野県の県境にある山です。住所の表記では愛知県なのですが、名古屋辺りに住んでいる人からすると、全然愛知県って感じの距離ではございません。長野へ行く覚悟で旅行の計画をして下さいまし。

茶臼山_地図出典:http://www.chausuyama.jp/day/2014020715253302.html

ちなみに私は特に下調べもせずに、愛知県内だから2時間以内で楽に着けるだろうと気楽に出発したところ、4時間かかりました…。時期と交通事情にもよりますが、事前に走行ルートなど下調べしておいた方が良いです。(経験者談)。ちなみに名古屋市周辺に住む、我が家がなぜ車で4時間もかかったかと言いますと、

  1. お盆の連休中であった(高速道路の渋滞)
  2. 朝のスタートダッシュに出遅れた(朝7時出発)
  3. 高速道路で運悪く事故渋滞にハマってしまった
  4. 高速の出口を見過ごして通過してしまった(しゃべりに夢中で気付かなかった、あるあるパターン)
  5. 高速の出口を1個間違えたが故に、ものすごい細い山道をドキドキしながら走った

そんな感じです。1番の原因は、やはりお盆休みでしょうね。最近、お盆休みを避けてレジャースポットへ出掛ける癖が付いていたので、忘れていました。長期連休の高速道路渋滞の怖さを。

連休中に出掛けるなら、朝のスタートダッシュが必須これ鉄則です

忘れないようにしないと。メモメモ。

 

駐車場

駐車場は、第1から第4駐車場までありますが、

第2駐車場がおすすめです。

第2駐車場第2駐車場の目印の風力発電

リフト乗り場に一番近いのは第1駐車場ですが、第1駐車場は人気なのですぐに満車になります。満車なので、本来停めてはいけないところにも無理やり止めている車も多いので、ちょっと危険です。

第2駐車場は、第1より若干遠いですが、空いているのでおすすめです。

眼下にこんな景色が観られるのもおすすめのひとつ。なんか赤くごちゃごちゃしているのが、ランバイクのレース会場で、その奥がリフト乗り場です。

景色2

リフトは乗らないと損ですよー!

リフトは、片道500円、往復だと800円で少しお得です。小学生未満の子供は無料です。リフトは、2人乗りなので、お父さんお母さん小さいお子さんの3人の場合は、2つのリフトで2人と1人に分かれて乗ることになります。

このリフト、無茶苦茶気持ちいいです。

リフト

最近では、ディズニーランドに新しいアトラクションができましたよね。「ソアリン・ファンタスティック・フライト」。ソアリンのリアルバージョンです。待ち時間なしの往復800円で乗れるという。

リフト3

山頂近くになると、きれいな花のじゅうたんが敷き詰められていました。

リフト2

リフト、めちゃめちゃ楽しいので、是非乗って下さい
小さいお子さんなんかいると、さらに楽しいこと間違いなしです。

景色が最高に綺麗

入り組んだ丘陵の地形をしているので、坂道が多くて少し体力が必要ですが、景色は絶景です。都会の日常を生活している人には、見るだけで癒されること間違いなし。

景色1

間違いなしは言い過ぎかもしれませんが、私はこんな景色を見るだけで、心が癒されます。

鳥のさえずり、虫の音色

野生の鳥と、街中では聞き慣れない虫の音色が聞けます。

涼しい爽やかな風

駐車場でも涼しいですが、リフトで山頂に登るとさらにもう一段階涼しさがレベルアップします。山頂でのひんやり冷たい風は、夏の暑さで弱った身体を癒してくれます。超おすすめ。

リフト4

写真撮影スポット、ホウキにまたがって空飛ぶ写真

お花畑を背景に、ほうきに跨ってジャンプした瞬間を撮影すると、まるで空を飛んでいるかのような写真を撮影できます。撮影のポイントは、ジャンプした時、自分がほうきに跨って飛んでいるイメージで、足を曲げること。あと、撮影はもちろん連写モードで。

 

景色が最高に綺麗(2回目)

景色が本当に綺麗なんです。

カエル
カエル
さっきも聞いたぞ 

さっきはリフトに乗る前の景色。
今度は、リフトに乗って山頂に登った時の景色です。
眼下に広がる素晴らしい山々。リフトの下のなんか人がいっぱいおる風景。

景色4
カエル
カエル
最後だいぶ手抜きな表現だな

普段、見ない景色を見る、というのはこんなにも心に刺さるのかというほど癒されます。会社で疲れたサラリーマンの皆さん、学校でつまらない授業に疲れた学生さん、一度、茶臼山で癒されてはいかがでしょうか。

アクティビティの紹介

茶臼山には、いくつか子供と遊べるスポットが常設されています。また、季節によっては期間限定イベントもたくさん催されています。

まず、常設のアクティビティ。

ゴーカート

ゴーカートは、1回500円。小学生以上なら一人で運転できます。1周3分くらいのコースを2周できます。

管理人も子供と乗りました。コース内の道がガタガタ道で、ちょっとお尻が痛かったです。

子供は、逆に楽しんでいました。子供ってポジティブ。

スワンボート

スワンボートは、20分で1000円。
正直、1000円は高過ぎだと思いますねー。自分の足で漕ぐだけだし。
でも、子供はそんなことお構いなし。
やりたいものはやりたい。乗りたいものは乗りたい、です。

スワンボート

我が家の娘5歳は、遊びに行ったその日も驚異的な粘り腰を見せました。

この特性「粘り腰」は、ホント、何か世のため人のために使えたら素晴らしいと思います。結局、いつも通り親である我々が折れて、スワンボートに乗りました。

子供はご機嫌。

1000円くらいケチらずにポンと出せる収入を得られるように、お父さん頑張ります。

季節による期間限定のイベント

魚のつかみ取り

5m四方くらいの人工池が2つあります。深さは30cmくらい。小さいお子さんでも危なくない深さです。その池の中に、元気な川魚がたくさん泳いでいます。

魚のつかみ取り

魚の動きが素早いので、小学生くらいでないと手掴みは難しいかも。でも、小さいお子さんでも裸足で池に入って、魚を追い掛け回すだけでも十分楽しめます。捕まえた魚は、その場でさばいてもらい、塩焼きにして食べられます。1匹400円。

キックバイク(8/11、山の日)

我が家が行った時、たまたまキックバイクレースのイベントが催されていました。

キックバイクは、こんな感じのペダルの無い自転車ですね。ランニングバイクやストライダーと呼んだりもします。小さい子に大人気の乗り物です。

ランバイク大会

エントリーできるのは、小さなお子さん2歳~7歳。それぞれ年齢別にクラス分けされてレースをしていました。こんな景色の良い場所で大会に参加できるなんて、とても良い思い出になること間違いなし。今年はエントリー出来なかったので、来年はもっと早く到着できるように計画して、エントリーしたいと思います。

ちなみにこのキックバイク。我が家でも1台持っています。3歳から乗っています。

自転車に乗る前の練習には最適な乗り物です。

ブレーキがあるタイプと無いタイプがあります。ブレーキのあるタイプの方が安全だし、自転車にランクアップした時に、ブレーキの使い方も習得しているので、ブレーキありタイプがおすすめです。いろんなメーカから出ていますが、海外の怪しいメーカよりも、日本のメーカの方が作りがしっかりしていて、おすすめです。海外の安い物は、簡単に壊れてしまいますね。我が家も初めは安い海外製でしたがすぐ壊れてしまいました。キックバイク、ブレーキトレーニングにもおすすめです。

 

キックバイクの選び方についての記事は、こちら↓

【キックバイク】ペダルの無い自転車の選び方は?コスパ重視のキックバイクおすすめベスト3!ストライダーの評判は?
3歳からのキックバイク|コスパ重視のおすすめキックバイク3選。ペダル後付けのおすすめ度は?前の記事では、たった3日で自転車に乗れるようになった記事を紹介しました。早く自転車に乗れるようになるには、キックバイクの存在が大きいと考えています。そこで今回は、キックバイクの選び方について紹介したいと思います。後付けペダルのおすすめ度も紹介したいと思います。購入の際に、参考になれば幸いです。...

スタンプラリー

茶臼山の敷地内にスタンプの入った宝箱があちこちに設置されています。余裕のある方は是非。我が家は余裕が無かったので、コンプリートできませんでした。

ストーンハンター(宝探しゲーム)

最近よく見かける子供用のゲームです。砂の中に隠れている綺麗な石を見つける遊び。1回500円。

マウンテンボードスクール

スノボーのタイヤ付きバージョンです。結構な急な斜面を滑走するので、難易度は高めだと思います。無料なので、小学生のお子さんは是非。

ドッグラン

犬を連れたお客さんも沢山来ていましたね。犬は、ここで元気に走り回っていました。

愛犬家の皆さんは、是非利用して下さい。

食事、レストラン、サイドフード

山頂にはレストランが無いので、お弁当を準備していない方は、リフトの下のレストランへどうぞ。麺類、丼類、サイドフードも充実しています。席数も多いので、席取りの必要もありません。

特に、

2階席がガラガラなのでおすすめ

です。

 

交通について

車で行く際には、道順に注意が必要です。下手するとポツンと一軒家みたいな山道を通る羽目に…。名古屋方面から車でお越しの場合は、必ず恵那ICで降りて来るルートにして下さい。我が家みたいに恵那で降り忘れて次の中津川ICで降りると、車1台通るのがやっとの細い山道を30分ほど通らないといけません。ある意味、楽しいドライブではありますが…。ちなみに我が家の娘5歳は、怖い怖いを連呼していました。

今にもクマやイノシシが出てきそうな山道でした。

まとめ

小さい子供連れのファミリーにおすすめ。
リフトは絶対に乗らないと損ですよ!子供も喜ぶこと受け合い。
子供が好きなアトラクションが多いので、お父さんお母さんは子供1人当たり2000円くらいの出費の覚悟を。スワンボートの1000円は高い!と思いました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。